×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

退職金運用情報サイト

老後の漠然とした不安

今春退職された方、または近々退職される予定の方、退職金はけっこうな金額をもらったもののまたはもらう予定であるものの、老後の漠然とした不安を感じているのではないでしょうか。

最近に退職される方は、個人差はあるものの比較的裕福な方が多い。でもマスコミなどが老後の不安を煽るため、よくわからないが老後の不安を感じてしまう人が多いのではないでしょうか。

また、老後の漠然とした不安の原因に、現状の把握ができていないことや今後の生活設計がきっちりと考えられていない場合もあります。つまりサイフにいくら入っていて、今後いくら必要なのかがはっきりしていないと誰でも不安になるのです。

まずは漠然とした不安というのは、マスコミなどの一方的な報道に影響され情報が少ないこと、現状認識や今後の生活設計がきっちりと考えられていないのではないかと疑ってみるべきでしょう。

老後の必要額を把握しましょう

写真 退職金の運用を考える前にまずは老後の必要額などの今後の生活設計を考え、把握する必要があります。

老後の収入は通常の場合公的年金だけになると思います。その公的年金の金額が、在職中の収入と比べると格段に少ないのが普通ですから、漠然とした不安感が襲います。

しかし、冷静になって考えてみると、退職金の運用を考える世代ですと、子供はもう社会人になり子供の教育費が要らなくなった方もいらっしゃるでしょう。

その他マイホームのローンなど各種ローンを、既に完済してしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

写真 このように家計をもう一度見直してみると、さまざまな家計を圧迫したものがなくなり、思ってたよりは生活の必要額が少ないことに気付くのではないでしょうか。

この老後の必要額を把握した上で、今後の生活設計を考えます。老後は仕事がなくなるわけですから、どのようなことをして人生を楽しもうかとかを考えるわけですね。

このように老後の必要額と生活設計で算出した支出と、老後の主たる収入である年金が支給される金額や時期などを把握します。これらの金額をわかりやすく表にでもすると便利です。

収入と支出が把握できた段階で、具体的な運用方法の検討に入るわけです。